条件

利用規約 | スタンド2016

スコープ

次の条件は、起業家、公法に基づく法人、または公法特別基金にのみ適用されます

  1. アプリケーション
    1. 注文は、サプライヤの注文確認時にのみ拘束力を持ちます。 変更および追加は、テキスト形式で行う必要があります。 固定オファーと呼ばれない限り、すべてのオファーは拘束力がありません。
    2. これらの契約条件は、サプライヤによって以前に確認された注文の場合に注文者が受け取ったという条件で、明示的に参照されない将来の取引の進行中のビジネス関係の場合にも適用されます。
    3. 顧客の契約条件は、サプライヤーによって明示的に承認されない限り、有効ではありません。
    4. 個々の規定が有効または無効になった場合、残りの条件は影響を受けません。
  2. 物価
    1. 疑わしい場合、価格は、運賃、関税、輸入料、梱包を除いた工場出荷時に加え、法定税率での付加価値税です。
    2. 見積書の提出後または注文の確認後、納品まで決定的なコスト要因が大幅に変化した場合、サプライヤーと購入者は金型の価格とコストシェアの調整に同意します。
    3. 部品の重量に対する価格の依存性が合意された場合、最終価格はリリースされたデフォルトパターンの重量に基づきます。
    4. サプライヤーは、新しい注文(=フォローアップ注文)の以前の価格に拘束されません。
  3. 配送と受け入れの義務
    1. 納期は、注文の実行、頭金、および資材のタイムリーな提供に必要なすべての文書の受領後、これらが合意されている限り開始されます。 発送の準備ができたことが通知されると、サプライヤの過失により出荷が遅れたり、不可能だったりした場合、配達期限が守られます。
    2. サプライヤー自身の過失の結果として合意された納期が守られない場合、購入者は、さらなる請求の除外を条件として、遅延の補償を要求するか、さらなる請求の除外を条件として契約から撤回する権利を有するものとします。 遅延の補償は、契約に従って行われなかった配信の一部の最大5%に制限されます。 顧客がデフォルトで受け入れられている場合、辞職は除外されます。 注文者は、より高い損害の証拠を留保します。
    3. 合理的な部分配送、およびプラス/マイナス10%までの注文数量からの合理的な偏差は許容されます。
    4. 期間、生産ロットサイズ、および受諾日が合意されていないコールオーダーの場合、サプライヤは、注文確認後3か月以内にこれについて拘束力のある決定を要求できます。 顧客が3週間以内にこの要求に応じなかった場合、サプライヤーは2週間の猶予期間を設定し、契約の満了後に契約から撤回する権利、および/または損害賠償を請求する権利を有します。
    5. 購入者が受け入れ義務を果たさない場合、サプライヤーは他の権利を損なうことなく、セルフヘルプ販売に関する規制に拘束されず、代わりに購入者による事前の通知なしに販売対象を販売できます。
    6. 不可抗力により、サプライヤは、障害が発生している期間および合理的な起動期間中は配送を延期するか、または一部が履行されなかったために契約の全部または一部を撤回することができます。 不可抗力は、ストライキ、ロックアウト、または予測不可能な不可避な状況、例えば故障などであるとみなされるものとします。 サプライヤーはこれを証明する必要があります。 これは、前述の障害が遅延中または下請け業者で発生した場合にも当てはまります。 顧客は、合理的な猶予期間内に撤回するか納入するかを2週間以内に宣言するようサプライヤーに要求できます。 彼が自分自身を説明しない場合、顧客は契約の未履行部分から撤回することができます。 サプライヤは、1項に記載されている不可抗力の事例が発生した場合、直ちにバイヤーに通知するものとします。 おそらく障害の期間中にフォームを発行することにより、顧客の障害をできる限り低く抑える必要があります。
  4. 梱包、出荷、リスクの転送および受け入れの遅延
    1. 別途合意がない限り、サプライヤは梱包、配送方法、配送ルートを選択します。
    2. 工場出荷時に無料で出荷された場合でも、リスクは顧客に移転します。 注文者が送信の遅延に責任がある場合、リスクはすでに発送準備の通知とともに転送されます。
    3. 購入者の書面による要求に応じて、商品は、購入者が指定するリスクに対する費用で保険がかけられます。
  5. タイトルの保持
    1. 納入は、特別に指定されたクレームの購入価格が支払われた場合でも、顧客に対するサプライヤに起因するすべてのクレームが履行されるまでサプライヤの財産です。 現在の請求書の場合、納入品の予約所有権(予約商品)は、サプライヤの残高計算のセキュリティと見なされます。 購入価格の支払いに関連して、供給者の変動責任が正当化される場合、所有者の保有は、手形が買い手として受取り人として受け入れられる前に失効しません。
    2. 顧客による処理または処理は、サプライヤーに代わって§950BGBに従って財産の取得を除外して行われます。 これは、1項に従ってサプライヤーの請求を確保するために、商品の正味請求額と予約商品として処理または処理される商品の正味請求額の比率に応じて、結果として生じる商品の共同所有者となるものとします。
    3. 購入者がサプライヤーに属していない他の商品と処理(結合/混合)する場合、§§947、948 BGBの規定が適用され、その結果、新しい製品のサプライヤーの共有所有権は、これらの条件の意味で予約商品として適用されます。
    4. 予約商品の再販は、通常のビジネスの過程で、また彼と彼の顧客がパラグラフ1から3に従って所有権の保持に同意する条件下でのみ購入者に許可されます。 購入者は、予約された商品の他の処分、特に誓約やセキュリティの割り当てを受ける権利がありません。
    5. 再販の場合、顧客はここにサプライヤーのすべての請求、再販から生じる請求、およびすべての付随的権利を持つ顧客に対する他の正当な請求をサプライヤーに割り当てます。 サプライヤの要求に応じて、顧客はサプライヤに顧客の顧客に対してサプライヤの権利を主張するために必要なすべての情報と文書を遅滞なく提供する義務があります。
    6. 2項および/または3項に従って処理した後に、サプライヤに属していない他の物品と一緒に予約された商品が顧客によって再販売された場合、5項による購入価格請求の割り当ては、サプライヤの予約された商品の請求額にのみ適用されます。
    7. サプライヤに存在する担保の価値が請求額の合計を10%以上超えた場合、サプライヤは、購入者の要求に応じて、サプライヤが選択した証券をリリースする義務を負います。
    8. 第三者による予約商品の押収または押収は、サプライヤーに直ちに報告する必要があります。 結果として生じる介入費用は、第三者が負担しない限り、いずれにしても購入者の費用です。
    9. 上記の規定に従って、サプライヤーが所有権の保持対象となる商品を取り戻すことによって所有権の保持を利用する場合、サプライヤーは商品をプライベート条約で販売またはオークションにかける権利があります。 所有権の保持の主張、特に降伏の要求は、契約からの撤回を構成します予約商品の返品は、得られた収益であるが、合意された配送価格を超えないものとします。 損害賠償、特に利益の損失に関するさらなる請求は留保されます。
  6. 欠陥に対する責任
    1. 製品の品質と実行を決定するのは標準サンプルであり、要求に応じてサプライヤによる検査のために購入者に提示されます。 技術標準への言及は仕様の目的を果たすものであり、品質を保証するものではありません。
    2. サプライヤは、契約外で顧客に助言した場合、明示的な事前の保証がある場合にのみ、配達品の機能と適合性について責任を負います。
    3. 欠陥の通知は、遅滞なく書面で提出する必要があります。 隠れた欠陥の場合、苦情は発見後すぐに行わなければなりません。 どちらの場合も、別段の合意がない限り、すべての保証請求は、リスクの移転後12か月で失効します。 法律に関する限り。 §438 para。1 No. 2 BGB、§479 para。1 BGB、および§634a para。1 No.
    4. 顧客が書面で承認したサンプルサンプルが予想される品質と実行を決定する正当な欠陥の苦情の場合、サプライヤーは欠陥を修復する義務があります。 合理的な期間内にこの義務を遵守しない場合、または試行を繰り返しても修正に失敗した場合、購入者は購入価格を引き下げるか、契約から撤回する権利があります。 その他のクレーム、特にクレームの払い戻しのクレーム、または欠陥または結果として生じる損害による損害のクレームは、VIIの規定の範囲内でのみ存在します。交換部品は、要求に応じてサプライヤに返品されます。
    5. 不正な再加工と不適切な取り扱いは、すべての保証請求の損失につながります。 不均衡に大きな損害を防ぐため、またはサプライヤによる欠陥の除去の遅延の場合にのみ、顧客はサプライヤの事前合意後に修理し、合理的な費用の補償を要求する権利があります。
    6. 契約上の使用に起因する閉鎖または損耗は、いかなる保証請求も生じさせません。
    7. 償還請求acc §§478、479 BGBは、消費者による使用が正当化された場合にのみ、法律の範囲内でのみ存在しますが、供給者の猶予措置に同意していない場合には存在せず、遡及権を有する者の自身の義務、特に苦情の義務の遵守を要求します。
  7. 責任の一般的な制限供給者が損害賠償または費用の償還に対する補償または契約上の請求に基づいて上記の条件から逸脱するすべての場合において、彼は、役員または代理人が意図、重過失、または生命の侵害である場合にのみ責任を負います。身体または健康を充電します。 製造物責任法に基づく厳格責任および品質保証の履行に対する責任は影響を受けません。 本質的な契約上の義務の過失に対する責任は影響を受けません。 ただし、S。1の場合を除き、責任は予見可能な契約に典型的な損害に限定されます。 購入者の損害に対する立証責任の変更は、上記の規制とは関係ありません。
  8. 支払条件
    1. すべての支払いは、サプライヤに対してのみユーロで行われます。
    2. 別段の合意がない限り、配達またはその他のサービスの購入価格は、2日以内に14%割引で、請求日から30日以内に控除なしで支払われます。 割引の付与には、以前に期限が到来した物議を醸す請求書すべての決済が必要です。 変更のある支払いについては、割引は認められません。
    3. 合意された支払日を超過した場合、サプライヤーがより高い損害を証明しない限り、ECBのそれぞれの基本レートを上回る8パーセントポイントの法定金利額の利息が計算されます。 注文者は、より低い損傷の証拠を留保します。
    4. 小切手または手形の拒否は保留されたままです。 小切手および再割引可能な手形は、履行のためにのみ受け入れられ、関連するすべての費用は顧客が負担します。
    5. 購入者は、主張に異議がないか法的拘束力がある場合にのみ、保有権を相殺または主張することができます。
    6. 支払条件または購入者の信用度に関して深刻な疑念を生じさせる状況を順守しない場合、サプライヤーのすべての請求は直ちに満期になります。 さらに、サプライヤは、この場合、未払いの配達の前払いを要求し、合理的な期間の有効期限が切れた後に契約から撤回する権利があります。
  9. シェイプ(ツール)
    1. 金型の価格には、1回限りのサンプリングのコストも含まれますが、デバイスのテストと処理のコスト、および顧客による変更のコストは含まれません。 サプライヤーが責任を負う追加のサンプルの費用は、彼の費用です。
    2. 別段の合意がない限り、供給者は、供給者自身または彼が委託した第三者によって顧客向けに製造された金型の所有者であり、所有者のままです。 シェイプは、購入者が支払いと受諾の義務を果たす限り、購入者の注文にのみ使用されます。 サプライヤーは、これらの金型が注文者に保証された生産量を満たすために必要な場合にのみ、これらの金型を無料で交換する義務があります。 保管に関するサプライヤの義務は、フォームからの最後の部品配送と顧客への事前通知の2年後に失効します。
    3. 合意したとおり、顧客が金型の所有者になる場合、購入代金を全額支払った後、資産は彼に渡されます。 顧客への金型の移動は、顧客に有利な保管に置き換えられます。 購入者の法的な降伏権および金型の寿命に関係なく、サプライヤーは契約が終了するまで独占的に所有する権利があります。 サプライヤは、金型にサードパーティのプロパティとしてラベルを付け、顧客の要求に応じて、その費用で金型を保証する必要があります。
    4. 3項に記載された注文フォームおよび/または購入者がローンで利用できるフォームの場合、保管および保守に関するサプライヤーの責任は、自分の業務だけでなくケアにも限定されます。 保守および保険の費用は、お客様が負担するものとします。 注文者が注文を完了して要求した後、合理的な時間内に金型を受け取らなかった場合、サプライヤーの義務は失効します。 顧客が契約上の義務を完全に履行していない限り、サプライヤーはすべての場合において保持の権利を有します。
  10. 材料の供給
    1. 材料が顧客によって配達される場合、少なくとも5%の合理的な数量追加料金で、彼自身の費用とリスクで、期限内に完全な状態で配達されなければなりません。
    2. これらの要件が満たされていない場合、それに応じて配達時間が延長されます。 不可抗力の場合を除き、顧客は、生産の中断を含む追加費用を負担するものとします。
  11. 工業所有権と所有権の欠陥
    1. サプライヤが図面、モデル、サンプル、または顧客から提供された部品を使用して配送する必要がある場合、購入者は商品の仕向国における第三者の財産権が侵害されないようにする責任があります。 サプライヤーは、購入者に既知の権利を通知するものとします。 注文者は、サプライヤーの第三者からの請求を免除し、発生した損害を補償する必要があります。 後者が有効な工業所有権に基づいて第三者による生産または納入を禁止されている場合、サプライヤーは、法的状況を確認することなく、顧客および第三者によって法的状況が明らかになるまで作業を停止する権利があります。 遅延のためにサプライヤが注文を継続できなくなった場合、サプライヤは契約から撤回する権利があります。
    2. 注文につながらなかったサプライヤに提供された図面とサンプルは、リクエストに応じて返送されます。 それ以外の場合は、申し出の3か月後にそれらを破棄する権利があります。 この義務は、事前に適切な時期に破壊する意向を通知する契約者に適用されます。
    3. サプライヤーは、著作権、および該当する場合、工業所有権、特に、彼または第三者に代わって設計されたモデル、フォームおよびデバイス、設計および図面のすべての使用権および利用権を取得する権利を有します。
    4. 他の法的欠陥がある場合、この第VIが適用されます。 それに応じて。
  12. パフォーマンスと管轄の場所
    1. パフォーマンスの場所は配信の場所です。
    2. 管轄権は、文書、為替手形、および小切手処理のために、本部または購入者の本部を持つサプライヤが選択します。
    3. それはもっぱらドイツの法律です。 11に関する国連条約の適用。 ドイツ連邦共和国(BGBI 1980 S. 1989)の商品の全国販売契約(BGBI 586 S. 1990)の4月1477は除外されます。